ハッピーメールで人妻との出会い!女優の石田ゆり子に似ていました

半年程前に彼女にフラれてからご無沙汰な日々を過ごす、20代の私。

会社に入ってから出会いを作ろうにも20代のかわいい子や美人の学生時代の同級生達はすぐに寿退社してしまうし、30オーバーは仕事の鬼みたいな色気も何もない女性ばかりだしノーサンキューな手詰まりな状況に。

SEXもしたいですし、かといって風俗は高いし前に高給店で4万も出して期待も股間も膨らませていたのに「友人のママ」のような明らかに写真と違う女性が出てきて歌舞伎町に俺の悲鳴と絶頂声が響いたであろう一夜もありました。

ここは新境地を開拓。いっちょ出会い系という物に手を出してみようかと西部時代のゴールドラッシュを求める炭鉱夫のような心境でつるはし(スマホ)に手をかけたのです。

ネットで調べて「ハッピーメール」というサイトがサクラが少ないという事で登録し「20代男 真剣な恋でもSEXだけでもいいです。」と記載し掲示板に載せてもらいました。顔写真は自分の詳細なデータはちょっと怖いので貼りませんでした。

1時間程すると何件から連絡がありその中で一番写真が美人だった「レナ」という女性に返信してみました。

「若い男性と遊びたいです。子持ちですがよろしければ連絡ください」という連絡だったので「私もレナさんとお会いしたいです」と返し場所と日時の段取りをつけました。遊んでやるぜ!

落ち合う場所を決めてレッツラ。デートになるのかSEXになるのかわからないからそれなりにオシャレして出かけました。緊張するぜ。

駅前で待っていると「もうすぐ着く。ジーパン。豹柄のカバン持ってるよ」と書かれていて「30代の豹柄のカバン?どんなギャルが来るんだ・・」ギャルが好きというわけでもないから帰ろうかと思っていたら遠くからこちらに向かって歩いている女性が見えました。

緊張して暫くスマホいじってレナさんの方を見ないふりをして「待ち合わせなんてしてませんよ」すまし顔していたんですが意を決して話しかけました。

「あ、こんにちは」と少し微笑んでくれました。色白で背が低く、石田ゆり子さん似の品のある綺麗なお姉さんで緊張度がマックスに。

「出会い系初めてで・・」と言うと「あ、私も2回目でよくわからないよ」と微笑んでくれました。

その後、仕事や自分の趣味の話等をしつつ、レナさんは私の話を丁寧に聞きながら自分の仕事や前の夫の話をしてくれました。軽く喫茶店で会話しました。

1時間程、話をしだんだん話事もなくなってきました。「中々の美人。これを逃すか。俺のゴールドラッシュ」と思い「あー、レナさんそろそろなんでしょうか・・レナさんスゲーきれいだなと思いまして・・どうでしょう。ホテルに行きたいと言いますか・・」とカード切ったところ「いいですよ」と快諾してくれました。

ラブホに行って後はイチャイチャしながら服を脱ぎ、シャワールームで手コキしてもらいました。互いの体を洗いあい、その後はベットに行って本番GO。

最高でしたね。

SEXも出来ましたし、ケチな話ですがホテルや食事もまぁ、割り勘してくれましたし。

その後は特に連絡は取り合ってませんね。特にこちらからも何となく取ってないという状況でして。

また、機会があったらという感じですね。

コメントは受け付けていません。