ワクワクメールで毎日を適当に生きているフリーター女とその日のうちにラブホへ!

私の妻は36歳、私とは6歳差があり年上女房です。

高校の時の塾の先生、大人っぽくて憧れだった女性と久しぶりに再会して付き合いはじめて結婚しました。

色気があって、でも品もあって頭もよく非の打ち所のない女性です。

そこが魅力的で私の方から結婚してほしいと言いました。

でも、結婚してみるとホッとできる場所がほしい、そう思い始めるのに時間はかかりませんでした。

家庭がほっとできる場所ではなかった、なんて、結婚している意味がわかりません。

何もかもが完璧で私にもそれを強要する妻に嫌気がさし、帰宅したくなくて出会い系サイトのワクワクメールを時間潰しで使い始めました。

出会ったのは25歳、フリーター、どこかふわふわした雰囲気を持つ女性で、会ってすぐホテルにいくことをいとわないような奔放な子でした。

でも、肌を合わせてぴったりとくっついたとき、すごく安らげました。

妻とは全く違う空気感、不思議な魅力に私はとりつかれるように彼女の体を貪り、連絡先を交換してまで会おうとするようになりました。

出会い系ですよ。

この私が出会い系サイトで平気でその日にあった男に体を許すような女性に本気になってしまったんです。

本気になった、と言ってもただ、ほっとしたい、体を合わせたいという身勝手なもので、愛情とかが芽生えること言う深いものではありません。

彼女も私のことなんて別に好きになったと思いません。

でも、毎回違う男を捕まえるのはそれなりに労力がいったり、変な男にまとわりつかれたりしたこともあったようで、それなら既婚者の私の方が安心だと考えたようで、あってすぐホテルにチェックインするような関係になりました。

妻のチェックら厳しいので、そんなに頻繁にこんなことをできるわけではありませんが、私は溜まっていた有給休暇を午後から使って時間を作って会っています。

ワクワクメールのサイトには正直に言うとこんな女性がゴロゴロ登録していました。

私はかなりましな子と知り合えた方だと思っています。

コメントは受け付けていません。