Twitter(ツイッター)女性によるセフレ募集は悪質出会い系サイトからの悪魔の誘惑

こんにちは、和希です。

現在、世界中でSNSが大流行です。その中で日本でも未だ人気があるのはツイッターとフェイスブックだと思います。

僕はフェイスブックは使っていませんが、ツイッターはガンガン使っています。

個人的に意味のないことを極まれにつぶやくこともありますけれど、当サイトを知ってもらうための宣伝がメインです。

僕の仕事は出会い系を安全に活用してもらうための情報の発信ですので、色々な場所にアンテナをはっています。

ツイッターを使っていて、最近目に余るようになってきたのは、悪質出会い系サイトによるつぶやきです。

セフレ募集といった書き込みがやけに多い!

結論から言ってしまえば、その書き込みは悪意ある人間の書き込みです。貼られてリンクをクリックしたら悪質出会い系サイトに飛ばされます。

出会い系の悪いイメージが年々減ってきているのは情報を発信している側としては本当に嬉しいのですが、その分人気に便乗した悪質サイトが増えています。

今日はツイッターでセフレを募集している女性の危険性について説明したいと思います。

ツイッターのセフレ募集は悪質サイトの宣伝

赤丸で囲っているのは、間違いなく悪質出会い系サイトの宣伝だと思ってください。

面白いのは、「劣悪なセフレ募集掲示板に惑わされないでください」と書いておきながら、タイトルが「セフレ募集」になっている所です(笑)。

現実的な話として本物の女性はツイッターで「セフレ募集」といった書き込みはまずしません。

その理由は、女性は出会い系サイトに登録していれば男性からの誘いが自然とあるからです。

出会い系において女性は男性からのメッセージを待つ立場ですので、わざわざSNSを使って自分をアピールする必要がないのです。

一見、本物の女性のように見えるけれど実は男性の可能性が大あり

下記画像の「あゆみん」「ゆめにゃん」「ふみか」は見た感じでは女性のように見え本当にセフレを募集しているように見えますが、こちらも悪質出会い系サイトによる宣伝です。

悪質サイトは女性会員がいませんので、あらゆる方法を使って男性会員を集めようとします。

僕もそうですが、男性が出会い系サイトを使う一番の目的は「エッチがしたい」からだと思います。

婚活目的の方もいると思いますが……(笑)。

エッチ目的の男性を誘い込むのに有効な台詞が「セフレ募集」といった書き込みなんです。

男性側からしたら「女性とエッチができる。そのうえタダマンできるセフレまで!」と喜んで誘惑に負けてしまいます。

そんな男いないよ!と思うかもしれませんが、実はいるんです。

それは僕です(笑)。

過去の僕は簡単にセフレができるという誘いから悪質サイトに登録したんです。

まあ、そのおかげで、今の僕がいるんですけどね(笑)。

出会い系女性は男性からのメールをさばくので精一杯

以前、出会い系で知り合った女性に「SNSとかで出会いの募集したことある?」とたずねたことがあります。

彼女はこう答えました。「出会い系に登録したらいっぱいメールが来るんだから使う必要ないじゃん」

そのときの僕は実にその通りだと納得しました。

出会い系サイトに登録している女性は、男性から選ばれる対象ですので、ガンガン誘いのメッセージが来ます。

女性は大量のメッセージから、「会ってみたいかも」と思える男性を探すのです。

ツイッターで「セフレ募集」や「彼氏募集」といった書き込みを見ても誘惑に負けない強い心を持ってください。

コメントは受け付けていません。