家庭内別居中のわたしがハッピーメールでフリーライターの彼と部屋でエッチ。シャワーを浴びていないアソコを丁寧にクンニしてくれました ハピメ感想

夫の浮気を疑い、疑心暗鬼から家庭内別居をしているのですが、私だってまだまだ女ですし、夫から女として見られなくなったとしても他の人になら、という気持ちがありました。

子どもも高校生、私だってもう好きにしたいと思い、出会い系サイトのハッピーメールに登録してなんとなく良さそうな男性にいいね!を送っていました。

でも自分がいいなと思った男性からはさっぱり連絡はなく、でも代わりに25歳のおとなしそうな男性からメールが届いたんです。

フリーのライターをしているという彼は、時間を合わせるから会ってほしいと言ってくれて、こんなおばさんにどうして?と尋ねると、「年齢で見たのではなく見た目がタイプでした」と言われたんです。

どきっとしました。やっぱり私はまだ女として見てくれる人がいるんだと自信が持て、今できる精一杯のおしゃれをして待ち合わせたんです。

彼はひょろっとした背の高い色白の男性で、普段は自宅にこもりきりで仕事をしているから、デートができてうれしいと言ってくれました。

今日は子どもも部活で遅くなるし、夫は放っておいて構わないというと、では家に来ますか?と言われました。

断ってもおかしくない唐突な誘いでしたが私はとっさに了解していたんです。

彼の部屋は2DKで、一つが仕事部屋、一つが寝室、きれいに片付いてはいましたが、男性の一人暮らしなので料理をしていないみたいで、一緒に買い物に出かけて私が夕食を作ることになりました。

この部屋で誰かと夕食を食べるなんて初めてだという彼に、いつでも作ってあげるというと、突然がばっと抱きしめられたんです。

ずるずると寝室のベッドに移動して、すっかりたるんでしまった私の体を彼は夢中で愛してくれました。

おばさんだから、と自虐気味に言っていましたが、彼は「全く気にならない、本当にきれいです」と言ってくれて、シャワーもしていないあそこまで丁寧に舐めてくれました。
こんな快感は久しぶりでした。

すっかり夜になってしまい、名残惜しかったのですが私は帰ることになり、また会えますか?と泣きそうになる彼にまた来るねと言って別れました。

でも、本当に行ってもいいものか、次の行動を躊躇しています。

コメントは受け付けていません。