両手に花だと思っていた女の子たちは1○歳だった!淫行容疑の危機一発【出会い系トラブル談】


出会い系サイトというのは基本的に18歳未満の未成年は利用できない年齢認証のシステムを採用していることが当たり前ではありますが、それに安心していてはいけないこともあります。

たとえば、飲み友募集の掲示板を見つけてタイプの女の子を探していると、友達も連れていきます!という複数での集まりを希望している子がたまにいます。

私の場合、実際にこういうことがありました。

登録しているのはもちろんちゃんと年齢認証を行った18歳以上の人なので、安心してやりとりができ、飲み場所や待ち合わせ場所が決定。

相手の子は二人組、こっちはひとりでもいいよ~などという嬉しい状況で待ち合わせをすることになりました。

両手に花だな、と期待しながら待ち合わせに向かうとキレイめの女性が二人、私を探してキョロキョロ。

電話を掛けて本人たちだと確認していざ、飲み屋に行きましょうかという段で、ふと気付きました。

あれ?この子たち二人とも二十歳ってことで待ち合わせたけど、こっちの子、なんかすごく、幼くないか?と。

とりあえずその場で、何歳?と聞くと二十歳だよ~と普通に返事。

めちゃ若くない?とよく言われる!と言ってくるのでもう一度、何月生まれ?と聞くと、ひとりが7月、ひとりが2月と答えたので、よし!と思い、何年?と生まれ年を聞いてみました。

ひとりの子がえーなに?◯年だけど?と言うのに被せる感じでもうひとりが◯だよ~と言ったんです。

お分かりだと思いますが、同じ年の7月と2月生まれが同じ干支なわけではありません。

あとから遅れて答えた幼い子は実は17歳、先輩とつるんで飲みに行くつもりだったんです。

間一髪でした。

お酒を飲ますことももちろんダメですが、私としては未成年との淫行容疑までに発展する可能性だってなきにしもあらずという状況であったわけです。

出会い系サイトを使える年齢は確認できても、付随してくる子もからなずしもそうではないというのを常に認識していないと、大トラブルになる可能性があります。

悪質サイトには年齢確認がないから危険です。投稿者のように未成年者との淫行行為で逮捕される可能性もあります。

出会い系を利用するなら、必ず年齢確認のある優良サイトに登録するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。