サクラの見分け方を公開!出会い系のトラブルを未然に防ぐポイントとは?


こんにちは、和希です。

今回は騙されないためのサクラの見分け方について説明したいと思います。

まあ、僕の紹介しているサイトは全部サクラゼロですので、この記事はあまり意味ないかもしれませんが(笑)。

もし、他のサイトを利用した際にでも役立ててもらいたいと思います。

出会い系サイトは多数の女性と交流が深められる便利なサービスですが、結婚相談所とは違って会員になるための細かな規定がありません。

ですから相手の情報が確実なのか判断しづらく、サクラではないのかと不安を感じることもあります。

未然にトラブルを回避するためにも、サクラの特徴と一般会員との違いを見極めるポイントをご紹介します。

プロフィールが空白、または丁寧すぎる

サクラと一般会員の女性の違いは、プロフィールにあります。

ネームと年齢以外、ほとんど何も書かれていないのは、サイト登録を済ませただけのサクラである可能性が高いです。

サクラとまではいかなくても、ポイント稼ぎのために友人に頼まれて登録しただけという場合もあります。

逆に、プロフィールを全て埋めてあり、長文で自己紹介をして丁寧すぎるのも注意してください。

一般会員ならば、このような極端なプロフィールではなく、6~7割程度の目安で書かれているのが大半です。

写メが自撮りではない

プロフィールと同時に確認しておきたいのが写メです。

一般会員はプライバシーを考慮して、上手く顔を隠して自撮りをします。

フィルターを使ってぼかしたり、スタンプやフレームで加工するのが通常です。

でもサクラの場合は、明らかにプロ撮影したような鮮明な画像と、離れた場所から写した全身画像も付いています。

今は美しく加工できるアプリが登場しており、一概には言えませんが、複数の写メを公開している女性には気をつけましょう。

すぐに連絡先を交換して別サイトに誘導する

出会い系サイトを使ううえで、最も大きな難関である連絡先の交換。

個人差はあるものの、一般会員は1回や2回のメールで連絡先を交換することはありません。

早い人でも2、3日くらいはメッセージをやり取りしてからです。

長い人なら1週間くらい様子をみる女性もいますが、それ以上待たされるようなら一旦ストップしてください。

ポイントゲッターと呼ばれるサクラの引き延ばし作戦かもしれないからです。

それから、まずは普通のLINEなどを交換して、親しくなった頃に別サイトへ勧誘する手口もあります。

別サイトに誘導されそうになったら、サクラだと判断して、それ以上は関わらないようにしましょう。

出会い系サイトにおけるサクラの手口は、年々巧妙なものに変化しています。

いかにもサクラという特徴を隠して、連絡先を交換した後になってから、いきなり場所や費用を指定することもあります。

ですが、共通する特徴は上記の3つですから、ポイントを参考にしてトラブルを防止してください。

サクラや業者の心配がいらないサイトはこちらです

コメントは受け付けていません。