魔が差して無料の出会い系サイトに登録!妊娠中の妻への罪悪感がハンパなく涙が出た【出会い系失敗談】

はじめまして、38歳の既婚、妻子ありのサラリーマンです。

今は真面目なパパですが、数年前、妻が妊娠していた際、魔が差してしまい、つい出会い系に手を出してしまったことがあります。

当時は31歳でした。しかし、たった一回の利用で怖い目に会いました。

中には楽しい思いをしている人がたくさんいるのかもしれませんが、私はもうこりごりです。

有料の出会い系とかだったらいくらかマシなのかもしれませんが、私は課金されたりで散財するのが嫌だったので無料の出会い系を使いました。

世の男性の参考になれば幸いです。

妻が妊娠検査薬に陽性反応が出たのを喜ぶ反面、つわりが始まり、性格もきつくなり、家ではほとんど私が家事をするような形になりました。

妻のことを愛しているのは事実ですが、仕事と家事、また妻の八つ当たりは相当きつかったです。

出会い系に逃げたのは自分の弱さだとは思いますが、そういう環境だったので、魔が差してしまいました。

私が使用したサイトは掲示板形式で、メッセージを呼んだ相手から連絡が来る形式を取ったものでした。

無料だからか、なかなか返事が来ませんでしたが、数日立った頃、1通のメッセージが来ていました。

歳は25歳で、年上に関心があるという旨のことを書いてありました。その後、写真を交換し合いましたが、なかなかに可愛い感じの子でした。

妻には申し訳ないのですが、久しぶりに舞い上がってしまっていました。

トントン拍子に出会いの日時を決め、実際に会うことにしました。

実際に、可愛い感じの子が待っていたので私は無料サイトでもイケるもんだなと舞い上がってしまいました。

そこで、話をして、すぐにエッチな関係を匂わせるような話になり、ホテルへ向かいました。

もう、舞い上がってしまっていました。情けない限りです。

しかし、実際に関係を持つ際に恐ろしいことを言われてしまいました。

実際に裸になり、ことに及ぼうとしたときに「妊娠しているから中に出していいよ。でも、お金が必要だから援助してほしい。」と・・・。

女性器を見てみると、なんか・・・白っぽい感じで妙な予感がしました。

「もしかして性病?」そのようなことを考えてしまいました。

それから先は、妊娠した妻を連想してしまい、続けることができませんでした。

彼女は男に逃げられ、出産費用もままならないような女性で、売春でお金を稼いでいると言っていました。

そのような荒れた環境にいたのでもしかしたら、性病にかかっていたのかもしれません。

私は、もめるのも嫌だったのと同情してしまったことから5万円を渡し、なにもしないまま帰宅しました。

妻が婦人科で色々と検査されたようですが、出産する場合はHIV検査や性病検査もされるようです。

変な浮気で妻を危険に追いやってしまうかもしれなかったと、私は家に帰り申し訳ない気持ちで涙が出てきました。

無料、有料にかかわらず特殊な環境の人はいると思いますが、身分証確認などを一応されている有料サイトのほうが安心できるのではないかと思います。

遊びたい方は、自己責任で家族に迷惑をかけることなく実行してください。

優良出会い系サイトはこちら

コメントは受け付けていません。