おまんこから強烈な異臭を放つギャルと出会ってしまいました!

皆さんは、ものすごく性欲が強くなっているときでも、これだけは無理という状況はありますか?

私は、たいがいのことは大丈夫なのですが、やはり匂いにだけは合う、合わないがあって、どうしても萎えてしまうということがあります。

顔がブサイクでも、体型がいまいちでも、ホテルに行くお金がなくても、イククルで出会った女性とはとりあえず、やることが前提でこれまでは来ていたんですが、先日の女性だけは、さすがに躊躇、辞めてしまいました。

たいてい、出会い系サイトで出会う女性は写真よりブスなのは想定内なんです。

だから、待ち合わせでブスが来たからってやること自体が中止されることなく、うまく口説いてホテルにお持ち帰るすることは常とう手段でした。

ときには、飲みで意外にもお金を使わされてしまい、ホテル代がなくなってしまった時には、自分なりにリサーチしている数か所の穴場セックススポットの中で一難近いところに連れ込み、ムードに任せてやり遂げることもあります。

そういう咄嗟の状況判断にも結構長けているほうなので、ほぼ百戦錬磨、しかもやってみると意外にも少し抵抗気味だった女性の方も気持ちいい、快感と言う方向で楽しませてあげることができてきたんです。

が、先日の女性は想定外でした。
待ち合わせに現れたときは大当たりだと興奮したんです。

写真よりもいい感じ、美人が来るのは久しぶりでした。
色っぽいし、適度にエロくて、同じ年(23歳)にしては幼い感じ、このまま言いくるめたら、、、ともくろんでいました。

結構お酒が強い子で、2軒目に行ったバーで意外にも使ってしまい、急遽、近くに住む友達の家に遊びに行く方向に転換、もちろん、友達は留守、合いかぎの場所は知っているので、ホテル代わりにお持ち帰りさせてもらうことにしたんです。


友達がいるからと気を許した彼女も普通についてきてくれ、友達がいないとわかると、それはそれで観念したようで、普通に俺のキスを受け入れて体を触りあっていました。
すぐにちんちんをジーパンの上からさすりだしてきたので、お、やる気だなと、こっちもキスを深めにしながら胸をはだけさせてブラを外し、乳首をつまむと反応したので、勢いついて下の方に手を伸ばしたんです。

パンツの隙間から指を入れて中のほうまで入れていくと、もうすでに濡れ始めていたので、一度体勢を変えるために指を抜きました。
すると、つ~んとすごいにおいが、、。

自分の指ですが、ちぎって捨てた気なるような異臭がし、思わず顔をしかめてさりげなく彼女の服で指を拭いてしまいました。

そっと鼻に近づけると、えずくような臭いがし、むりだ・・・と絶望が頭をよぎり、飲みすぎたわ。。。と洗面所に向かい、必死で洗い落としました。

まあ、我慢してできなくなはい子もこれまでにはいましたよ。でも、さすがにこの強烈さはこれ以上は。。という感じで、とにかく飲みすぎてできそうにないわ、と言いまくって部屋から追い出しました。

美人が台無しの顔でぶちぎれしていましたが、いや、こっちがキレそうだわ!って感じです。

コメントは受け付けていません。